LINE公式アカウントの審査に落ちた理由は?申請のポイントをご紹介

LINE公式アカウントの認証に落ちた、、

申請する時のポイントがわからない

LINE公式アカウントの認証済アカウントを申請した方で、審査を通過できないケースがあります。

LINE公式アカウントの審査で認証されるには、申請する際のポイントを抑えておくことが重要です。

この記事では、審査で認証されない主な4つの理由と、申請書の入力方法に関する、認証される確率を高めるためのポイントをご紹介します。

目次

認証済みアカウントの審査を通過できない4つの理由

LINE公式アカウントの認証済みアカウント申請に不合格となっても、LINEヤフー株式会社は、審査に落ちた理由を教えてくれません

しかし、不合格になるポイントは示されています。

  • 審査基準を満たしていない
  • 認証済みアカウントが開設できないサービスだった
  • LINE公式アカウントで登録した業種と申請した業種が違う
  • 申込みフォームに不備がある

1つずつ解説していきます。

①審査基準を満たしていない

認証済みアカウントを設立する際の審査基準は、LINEヤフー株式会社によって定められています。

詳細な基準は公開されていませんが、LINE公式アカウントのガイドラインには、以下のような記載があります。

3.審査基準

 認証済アカウントの開設にあたっては、以下の基準に基づき審査を実施します。

 1. LINEユーザーの不利益につながる可能性がないか

 2. 法令における規制の有無と規制内容に抵触するものでないか

 3. 利用規約第18条「禁止行為」各号に該当するおそれがないか

 4. 当社が独自に定める審査基準を満たすか否か

 5. 当社の事業へ悪影響を及ぼす、あるいは当社の信用を損なうものでないか

 なお、当社はお客様に対し、審査結果およびその理由について説明する義務を負わないものとします。

引用元:LINE公式アカウントガイドライン

「4.当社が独自に定める審査基準を満たすか否か」という項目が示す通り、審査に不合格となる具体的な理由はLINE社のみが把握しています。

審査の結果やその理由に関しては、LINE社からの通知はないため、詳細な基準を知ることはできません。

そのため、まずは他の条件、特に1、2、3、5をクリアすること、すなわち社会的なモラルを遵守することが重要であると言えます。

②認証済みアカウントが開設できないサービスだった

LINE公式アカウントには開設できないサービスがあります。
例えば以下のようなサービスです。

  • 医療 
  • 出会い
  • アダルト
  • ネット関連ビジネス
  •  連鎖販売取引
  •  クレジットカード現金化   
  •  ギャンブル         
  •  個人情報          
  •  模倣品・海賊版       

上記に該当すると判断されたら、認証されない・もしくはアカウントの利用が停止になるので注意が必要です。

LINE公式アカウントで登録した業種と申請した業種が違う

LINE公式アカウントを新設と同時に認証済みアカウントを申請するケースでは、業種選択の誤りは比較的少ないと思われます。

しかし、LINE公式アカウントを設立してから時間が経過した後に認証済みアカウントを申請する場合、初期設定時の情報を忘れがちで、異なる情報で申請してしまうと、不承認の可能性が高まります。

特に、自社の事業のカテゴリー(大業種や小業種)の選択間違いは一般的なミスで、これが原因で申請が不通過になることがよくあります。

LINE公式アカウントを開設する際に選択した業種は後からの変更ができないため、開設時には自社に合った業種を慎重に選び、その情報を記録しておくことが重要です。

④申込みフォームに不備がある

申込みフォームに不備があると審査に通りません。

例えば、下記のようになっているケースが多いので注意が必要です。

  • アカウント名とLINEIDを誤認している
  • アカウント名が個人名になっている
  • 申込者氏名に企業名やサービス名を入力している
  • 電話番号やメールアドレスに誤りがある

申込フォームの正しい入力のポイントは?

申込フォームは下記4つです。正しく記入しないと申請が通りません。

  • アカウントの基本情報
  • 店舗・施設情報
  • 会社情報
  • 申込者情報

アカウントの基本情報

・アカウント名
アカウント名とは、LINEの友だち一覧やトーク画面に表示されている名称のことです。
企業名、店舗名、サービス名、商品名などを20文字以内で正確に入力してください。

・業種
タブから大業種・小業種を選びます。LINE公式アカウント開設時に登録した業種と同じものを登録しなければなりません。

・申し込みタイプ
自社のビジネス形態を選択します。

店舗・施設情報

自社の店舗・施設の公式サイトやアプリの名称とURLを入力します。

・店舗/施設名
企業名・店舗名、サービス名を50文字以内で入力します。複数の店舗がある場合は代表店舗の情報を入力します。

・郵便番号・住所
企業名・店舗名の郵便番号と住所を入力します。住所は「都道府県、市区町村、丁目・番地・号、建物名」まで入力します。※数字は半角数字です。

・URL
企業名・店舗名のWEBサイトやSNSのURLを入力します。WEBサイトやSNSがない場合、外部の情報サイトや予約サイトでもOKです。

会社情報

次に会社情報を入力していきます。

・会社/事業者名
会社、事業者名を入力します。企業名・店舗名と同じであれば「店舗情報をコピーする」を選択してコピーすると便利です。

申込者情報

申込者情報では、LINE公式アカウント運営担当者、もしくは認証アカウント申請担当者の情報を入力します。

・申込み者氏名・フリガナ
申込み担当者のフルネームを入力します。間違って会社名やサービス名を入力しないように注意しましょう。

・メールアドレス
入力したメールアドレス宛に審査結果が送信されます。

まとめ

LINE公式アカウントの認証審査で不合格になると、がっかりしますが再審査を申し込むことはできます。

LINE株式会社から不合格の理由は明かされませんが、今回お伝えした4つのポイントを意識し、正しい情報を入力することで認証される確率が上がります。

ぜひ本記事を参考に認証済アカウントを申請してみてください。

あなたの店舗運営を劇的改善!使うほどに店舗運営が楽になる!

予約魔法

LINEを利用した予約システムの自動化に対応しています。指名の有無にかかわらず、予約型とイベント型の両方に適応します。また、顧客管理機能とポイントカードシステムも備えており、効率的な運営をサポートします。

予約魔法で利用できる機能

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次