LINE公式アカウントに必要な費用は?

目次

LINE公式アカウントの開設にかかる料金

LINE公式アカウントを作りたいけど、お金がかかるの?

こんな疑問はありませんか?

LINE公式アカウントの開設自体には費用はかかりません。無料で開設をすることが可能です。

無料でアカウントを開設できますが、料金プランは3つあります。この記事では、料金プランの詳細や適切なプランを選ぶための考え方など、運用にかかる費用ついて詳しく解説します。

LINE公式アカウントの料金プランは?

LINE公式アカウントには3つの料金プランがあり、有料プランの場合は毎月プランに応じた料金が発生します。
全てのプランで同じ機能が利用できます。違いは、ひと月に送信できるLINE「メッセージ通数」になります。

引用:【公式】料金プランの解説|LINE公式アカウントに必要な費用は?

コミュニケーションプランは1カ月に200通まで無料でメッセージを送ることができます。
友だち数が増えてきたり、同月に201通以上のメッセージを送りたい場合は、有料プランに切り替えましょう。

有料プランのうち「スタンダードプラン」のみ「追加メッセージ」の送信が可能です。
30,000通を超過して追加メッセージを配信する場合は、配信数に応じて1通あたりの料金が変動します(最大3円)

メッセージ通数のカウント方法は?

LINE公式アカウントでは、3つの吹き出しまでを一通としてカウントします。

LINE公式アカウントではさまざまなメッセージ機能がありますが、すべてのメッセージ配信がメッセージ通数としてカウントされるわけではありません。

LINEチャットの送受信や自動応答メッセージなどの機能は無料で活用できます。

カウントされるメッセージ
・ メッセージ配信(セグメント配信、ステップ配信含む)
・ Messaging APIの「Push API」「Multicast API」「Broadcast API」「Narrowcast API」
  ※Messaging APIを使用するLINE予約システムの「予約完了メッセージ」などはLINE通数に
  カウントされます。

カウントされないメッセージ
・ あいさつメッセージ
・ 1対1のチャットのメッセージ
・ 応答メッセージ(自動応答)

「認証済アカウント」と「未認証アカウント」の違い

LINE公式アカウントには、LINEの審査を通過した「認証済アカウント」と、個人・法人を問わず審査不要で作成が可能な「未認証アカウント」があります。
どちらも料金プランは無料です。

認証済みアカウントと、未認証アカウントの違いについては以下の記事でご確認ください。

適切なプランを選ぶには?

「どのプランを選べば良いのか」を考える時には、メッセージ通数を試算する必要があります。
「LINE公式アカウント 売上シミュレーター」を活用すれば、友だち数や月間のメッセージ配信回数など、5つの項目を入力するだけで、LINE公式アカウントによる月間の売上金額を試算することができます。

LINE公式アカウント 売上シミュレーター

必要な情報を入力
適切なプランを案内

料金プランの変更

配信量は月によって増減することがあります。
LINE公式アカウントのメリットの一つは、月ごとに料金プランを変更できる点です。

メッセージ配信が活発な月には配信量の多いスタンダードプランを選び、配信が少なめの月はライトプランに切り替えることで、配信量に応じて柔軟にプラン調整が可能です。

アップグレードする場合
月の途中からでも、アップグレードが可能です。差額分を支払うことで、差分の通数が付与されます。

ダウングレードをする場合
月の半ばでダウングレードをする場合は、翌月から適用されます。即時変更はされないため、ご注意ください。

有料のプレミアムIDとは

LINE公式アカウントを開設すると、英数字がランダムに羅列された「ベーシックID」が提供されます。一般ユーザーは、このIDを入力することによって、LINE内で店舗・企業のアカウントが検索できるようになります。

このIDを「ランダムなID」ではなく、希望の文字列で取得することができるサービスが「プレミアムID」です。

年間1,200円(税別)がかかりますが、「プレミアムID」を取得することで社名や商品名、サービス名などによるアカウント検索が可能になり、より多くのコミュニケーションのきっかけをユーザーへ提供できます。

まとめ

LINE公式アカウントは無料で開設が可能で、毎月の運営には無料プランを含む3種類の料金体系があります。
月間でどのくらいメッセージを配信するかを見積もり、それに適したプランを選択することをおすすめします。

無料プランでは全ての基本機能を利用できるため、気軽にスタートしてみましょう。

あなたの店舗運営を劇的改善!使うほどに店舗運営が楽になる!

予約魔法

LINEを利用した予約システムの自動化に対応しています。指名の有無にかかわらず、予約型とイベント型の両方に適応します。また、顧客管理機能とポイントカードシステムも備えており、効率的な運営をサポートします。

予約魔法で利用できる機能

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次