整骨院・接骨院のリピート率を上げる方法は?

目次

リピーターの重要性

新規顧客の獲得は、時間、費用、そして労力を要するプロセスです。広告の展開、SNSの活用、有料サイトへの登録といった活動は、地域による競争の激しさを考えると、避けて通れない戦略の一部です。
これらの努力にも関わらず、新規顧客を獲得しても、高額な広告費用がかかってしまうと、実際には利益に繋がらないことも少なくありません。特に、広告によって獲得した新規顧客がわずか一人であった場合、費用対効果の面でマイナスになるリスクがあります。

治療業界においては、新規顧客を集めるために費やす「時間」は、かけがえのない資源です。しかし、リピート顧客の比率を高めることができれば、顧客獲得のために割く時間やコスト、労力を大きく削減できます。
結局のところ、集客活動に費やす資源を節約し、より効率的な経営を目指すことが、成功への鍵となります

初回診察の重要性

接骨院や整骨院における患者さんの満足度を高める上で、初診時の問診の徹底が極めて重要です。

STEP
自己紹介と対話の開始

施術者はまず自己紹介をし、患者さんとの信頼関係を築くことから始めます。

STEP
患者さんのニーズの理解

患者さんが訪れた理由、感じている症状や痛みの原因となっている生活上の困りごとを詳細に聞き出します。

STEP
検査と説明

実際の検査を行い、その結果をもとに症状の原因を患者さんに説明します。施術の目標設定にあたっては、「いつまでにどのような改善を望むか」というゴールの明確化を行います。

STEP
施術計画の提案と目標設定

患者さんの希望や状態に応じて、施術計画を提案します。短期間での改善を望む場合は、通院回数の増加や自費による特別な施術プランの提案も行います。

STEP
施術箇所の特定と施術後の確認

施術による改善箇所を明確にし、施術後には再検査を実施して施術効果を患者さんに確認してもらいます。これにより、患者さんとの信頼関係が深まります。

STEP
症状の現状と改善計画の説明

現在の症状と、完全な改善に至るまでの期間や推奨される来院頻度を説明します。施術の継続がなぜ必要かを明確に伝えることが重要です。

STEP
コミュニケーションと予約の取り決め

施術計画と継続の必要性を患者さんが納得する形で伝えます。
この際、伝える内容は、施術者自身が心から信じるものであること、患者さんにとって理解しやすい言葉を使うこと、そして患者さんが納得しているかを確認することが大切です。

最後に、患者さんの都合を尋ね、次回の予約を確定させます。

患者さんが求めるケアを提供し、信頼関係を築くことで、長期的な関係性の構築につながります。

患者さんへの継続的な治療指導の重要性

患者さんが自身の症状に対して、どの程度の頻度で治療を受ければ良いのか具体的なイメージを持っていないことが多いです。

そのため、初診の際に設定した治療計画に従って、症状の改善に必要な期間、推奨される来院頻度、そして治療の継続がなぜ必要なのかを丁寧に説明し、患者さんが継続して治療を受けることの大切さを理解し納得できるよう努めることが重要です。
初めに明確に伝えることで、患者さんは一度の治療で全ての症状が解消されるわけではないことを理解し、長期的な改善のための継続治療の必要性を受け入れやすくなります。

特に新規の患者さんに対しては、初回来院時にこの点をしっかりと指導し、症状が改善するまでの継続的な来院を促します。こうした指導が根付くことで、患者さんは将来的にも同じ症状で悩んだ際、信頼できる施設として再び来院することを選択しやすくなります。

このアプローチにより、患者さんは自分の健康に対する責任感を持ち、治療プロセスへの積極的な参加が促されます。結果として、患者さんと治療者の間での信頼関係が深まり、より効果的な治療成果が期待できます。

予約優先制による継続治療の促進

患者さんが継続的に治療を受け、ケガや体調不良を根本から改善するためには、治療の継続が不可欠です。
この目的を達成するための一つの効果的な方法は、予約優先制の導入です。この制度により、患者さんは次回の来院予約を容易に行え、定期的な治療がスムーズに進むようになります。

患者さんへのメリット

  • 安心感の提供: 次回の予約が確定することで、患者さんの不安を軽減し、治療への安心感を高めます。
  • 質の高いサービス受領: 予約制により施設側が患者さん一人ひとりに合わせた準備が可能となり、より高いレベルのサービス提供が実現します。
  • 待ち時間の削減: 予約が優先されるため、来院した際の待ち時間が最小限に抑えられます。

施設側へのメリット

  • 継続率の向上: 事前予約制度は患者さんの治療継続を促し、継続率の向上に寄与します。
  • 経営の安定: 予約制により、来院者数が安定し、経営面での安心感が増します。
  • 患者数の安定: 天候や季節に左右されにくく、一定の患者流入が見込めます。
  • 質の高い治療提供: 事前予約により患者さん一人ひとりに合わせた準備が可能となり、より質の高い治療を提供できます。

予約優先制の導入は、患者さんと施設双方にとって数多くの利点があります。この制度を通じて、患者さんの治療体験の質を高めつつ、施設の運営効率と継続率を向上させることができます。

予約優先制をスムーズに導入する方法

新規患者からの導入

新規患者に対して予約優先制のメリットを説明し、予約を積極的に取り込むことから始めましょう。

施術者による積極的な予約提案

予約を促す際は、施術者が積極的に行動を起こしましょう。
施術後、患者さんがリラックスして座っている時に、施術者がカレンダーを用意し、具体的な次回来院の日時を提案します。

会計前の予約取りが重要

治療の継続を促すためには、患者さんが診療所を離れる前に次回の予約を確定させることが効果的です。会計処理後では、「次はいつにしようか」「後で連絡します」という返答につながりがちです。
そのため、会計手続きに入る前に次回の予約を取ることをルーチンとして定着させましょう。

会計を済ませる前の段階で、受付で患者さんの次回予約を確認し、その情報を診察券に明記します。これにより、患者さんが次回の予約日時を忘れることなく、治療の継続がスムーズに行われます。

LINE予約システム導入でスムーズな治療体験を

現代の忙しい生活の中で、患者さんが治療のために時間を確保し、定期的に来院することはしばしば大きな課題となります。
特に、事前に電話で予約をする必要がある場合、時間を見つけて連絡すること自体が難しくなることがあります。このような問題を解決し、患者さんにとっても施設にとっても予約と治療の継続を容易にするため、LINE予約システムの導入が強くおすすめされます。

導入のメリット

  • 利便性の向上: 患者さんは、忙しい日々の中でもLINEを使って手軽に予約を入れることができます。これにより、電話での予約時の待ち時間やタイミングを気にすることがなくなります。
  • 治療継続の促進: 会計前に次回の予約をLINEで即座に行うことができるため、「また来ます」「後で電話します」といったあいまいな状態を避け、治療の継続を促すことができます。
  • スムーズなクリニック運営: LINE予約システムにより、施設側は予約状況をリアルタイムで管理しやすくなります。これにより、患者さんの待ち時間の削減や効率的なスケジュール管理が可能になり、全体のサービス品質が向上します。

あなたの店舗運営を劇的改善!使うほどに店舗運営が楽になる!

予約魔法

LINEを利用した予約システムの自動化に対応しています。指名の有無にかかわらず、予約型とイベント型の両方に適応します。また、顧客管理機能とポイントカードシステムも備えており、効率的な運営をサポートします。

予約魔法で利用できる機能

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次