【マツエクサロン】リピーターを増やす戦略

マツエク(まつげエクステンション)店の経営者や従業員であれば、顧客を維持し、リピーターを増やすことの重要性を理解していることでしょう。
リピーターの顧客は、新規顧客を獲得するよりもコストがかからず、店舗の売り上げと評判を安定させる基盤となります。ここでは、マツエク店でリピーターを増やすためのいくつかの効果的な戦略をご紹介します。

目次

優れた顧客サービスを提供する

顧客の迎え入れ

  • 店に入った瞬間から顧客が特別な存在であると感じられるように、明るく温かい挨拶を心がけましょう。
  • 心地よい待合スペースを提供し、カウンセリング時はドリンクを用意することで、快適に待ち時間を過ごせるようにしましょう。

顧客のニーズを理解する

  • 事前のカウンセリングを丁寧に行い、顧客の要望や好み、懸念事項を詳しくヒアリングしましょう。
  • アレルギーや過去の施術経験など、健康や安全に関する情報もきちんと把握しましょう。

リラックスできる環境作り

  • 施術スペースは清潔に保ち、落ち着いた音楽やアロマの香りでリラックスできる雰囲気を作り出しましょう。
  • 快適な施術ベッドやチェアを用意し、顧客がリラックスして施術を受けられるように心がけましょう。
    施術時間はメニューにより異なり、30分から最大2時間程度なのでリラックスして過ごしいただくため、首や肩、背中への負担がないようにしましょう
  • 室内の温度や湿度を常に適切に保ち、より快適な環境を提供しましょう。

アフターフォロー

  • 施術後は、マツエクのケア方法を丁寧に説明し、必要ならケア用品を提案しましょう。

フォローアップ

フォローアップのタイミングと方法

  • 施術を受けた顧客に対して、施術後2〜3日以内にLINEやSNSでお礼のメッセージを送ります。このタイミングならば、施術の効果が顧客によって実感されている時期であり、感想やフィードバックを得やすいです。

特典やクーポンの提供

  • フォローアップの際、次回の予約を促すための特別オファーや割引クーポンを提供します。例えば、「口コミを書くと次回の施術を10%オフでご提供」や「〇日以内の再来でオフ無料」など、顧客が再度訪れたいと感じるような特典を用意しましょう。
  • 特典の提供は、顧客が次回も同じ店舗を選ぶ大きな動機づけになります。また、限定的なオファーは、顧客が行動を起こすための緊急性をもたらすことができます。

予約を取りやすくする

LINE予約システムの導入

  • LINE公式アカウントにLINE予約システムを統合し、顧客が簡単に予約できるようにします。予約可能な日時、サービスの選択、担当者の指名などを顧客が選べるように設定します。
  • LINE予約システムを導入することで、顧客は24時間予約を行うことができます。使い慣れているLINEから予約ができることにより、面倒な会員登録が不要になりメッセージの見逃しや予約忘れを防ぐことが可能です。

高品質な施術を提供する

最終的に、顧客がリピートする最大の理由は、高品質なサービスを受けられるからです。
施術スピードが速く、高品質なサービスが最も喜ばれます。

最新のトレンドや技術を常に学び、施術の質を維持し向上させることが重要です。顧客が期待以上の結果に満足すれば、自然と口コミでの評判も上がり、新規顧客の獲得にも繋がります。

営業時間の延長

営業時間の延長は、顧客の利便性を高めることでリピーターを増やす有効な戦略の一つです。
従業員数がサロンはこの方法を取り入れてみてもいいでしょう。

競合との差別化

  • 多くのマツエクサロンが標準的な営業時間内に運営している中、営業時間の延長は競合との差別化にもなります。顧客にとってよりアクセスしやすい選択肢として、あなたのサロンを選びやすくなります。
  • 営業時間を早朝や夜遅くまで延長することで、通常の勤務時間内では利用できない顧客にサービスを提供できます。特に、ビジネスパーソンや夜勤のある職種の方々が、仕事の前後に施術を受けられるようになります。

リピーターが増えない理由

サロンの強みが伝わっていない

サロンが何を得意とし、どのような価値を顧客に提供できるのかが明確ではない場合、顧客はそのサロンを選ぶべき理由を理解できません。

ブランドのアイデンティティが不鮮明で、サロンの強みがぼやけてしまっているのです。

顧客が再訪を決意しない理由は、来店時に「このサロンをもう一度訪れたい」と思わせるほどの魅力的な要素が欠けていたことを意味します。

ターゲットが定まっていない

  • どの顧客層にも合わせようとすると、サロン独自の特色や強みがぼやけてしまいます。特定のターゲットに合わせたサービス提供が難しくなり、差別化のポイントを見失ってしまうことがあります。
  • ターゲット市場に合わせて、サービスメニューや店舗の雰囲気、顧客サービスを調整します。
    例えば、若年層をターゲットにする場合は、トレンドを取り入れたデザインや価格設定に工夫が必要です。
    オフィス街、住宅街に近いサロンだと、ビジネスウーマンや主婦をターゲットにすると良いでしょう。
  • ターゲット市場が不明確な場合、どの媒体でどのようなプロモーションを行えば良いのか判断が難しくなります。広告の投資対効果も低下し、マーケティングコストの無駄遣いに繋がる可能性があります。

まとめ

総じて、リピーターを増やすことは、ビジネスの持続的な成功を実現する上で非常に重要です。
顧客獲得コストの削減、安定した収益の確保、ポジティブな口コミの増加、深い顧客洞察の獲得、そして競争優位性の確立など、リピーター顧客はビジネスにとって多大な利益をもたらします。

そのためには、顧客の期待を超えるサービスを提供し、顧客との関係を大切に育てることが重要です。

あなたの店舗運営を劇的改善!使うほどに店舗運営が楽になる!

予約魔法

LINEを利用した予約システムの自動化に対応しています。指名の有無にかかわらず、予約型とイベント型の両方に適応します。また、顧客管理機能とポイントカードシステムも備えており、効率的な運営をサポートします。

予約魔法で利用できる機能

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次