【ヨガ・ピラティス】もう電話は不要!LINE予約を活用しよう

ヨガやピラティスのレッスンを予約する際、電話での確認や予約が一般的でしたが、最近ではもっと便利でスムーズな方法が登場しています。それが、LINEを利用したレッスン予約です。
この記事では、「予約魔法」の主な機能をご紹介します。

目次

LINE予約システムとは?

LINE予約システムは、LINEアプリを通じてサービスの予約ができる機能です。
ユーザーは、LINEアプリから直接、ヨガやピラティスのスタジオの公式アカウントにアクセスし、レッスンの予約が可能になります。

予約魔法を使ってできること

LINE予約システム『予約魔法』でご利用いただける、主な機能をご紹介します。

指名あり/なし 予約受付は24時間365日対応

予約魔法はLINE予約・WEB予約両方から予約が可能です。
24時間365日いつでも予約できるシステムは、お客様が自由にサービスを利用できるようにし、満足度を高めます。指名があってもなくても、お客様の希望に合わせたサービスが提供できるので、お客様が常に便利に感じます。この便利さは、多くの予約と収入の増加につながります。

日程変更やキャンセルもLINEで対応

お客様自らいつでもどこでも手軽に予約の調整を行えます。
事業者側も、電話やメールでの対応が減ることで事務作業の負担が軽減され、より効率的な運営が可能になります。これにより、顧客満足度の向上と運営の効率化の両方を実現できます。
※予約の変更やキャンセルの可否や期限などは、カスタマイズして設定することが可能です。

予約と決済をセットで行える

事前決済が可能です。事業者側は無断キャンセルや未収金のリスクを減らすことができます。また、お客様はレッスンやサービス当日に支払いの心配をする必要がなく、快適にサービスを利用できるため、顧客満足度が向上します。

回数券や月謝&都度課金の支払い

回数券、月謝、都度課金の支払いオプションを提供することで、お客様は自分の利用頻度や予算に合わせて最適な支払い方法を選べます。
事業者側では、さまざまな支払い方法を通じてより広い顧客層を獲得し、安定した収益を確保することが可能になります。顧客のニーズに応じた柔軟な支払いプランは、リピーターの増加にもつながります。
また、支払いを効率化し、釣銭用意の手間や会計のミスを削減します。

備品の紐づけ

メニュー毎に使用する備品を紐付けし、在庫の備品数以上の予約が同時に入らないよう設定が可能です。在庫の管理ができ、ダブルブッキング防止に繋がります。

Googleカレンダー連携

予約やイベントがリアルタイムでカレンダーに同期され、ダブルブッキングのリスクを避けることができます。事業者はお客様のスケジュール変更に迅速に対応でき、全体の運営効率が高まります。

電子カルテ機能

カルテをWEBデータとして保存できます。備考などのテキスト情報と画像の添付が可能です。
リアルタイムで更新・共有でき、スタッフ間での情報の正確性と迅速な対応が保証されます。紙のカルテに比べて検索や整理が容易であり、場所を取らずに大量のデータを管理できます。

ZOOM連携

オンラインレッスンの予約者に対して、自動的にZOOMのレッスンURLを発行することができます。
地理的な制約なしに広範囲の顧客にサービスを提供可能になり、顧客基盤の拡大に貢献します。
事業者は物理的なスペースの制限を受けずにサービスを展開できるため、運営コストの削減にも繋がります。

デジタル会員証

デジタル会員証を発行することができます。
紙の会員証を持ち歩く必要がなくなり、お客様はいつでもどこでも自分の会員情報にアクセスできるようになるため、大きな利便性を提供します。
これにより、会員サービスの利用がスムーズになり、顧客満足度が向上します。また、事業者側では、会員情報の管理がデジタル化されることで、情報の更新や管理が効率的に行えるようになり、運営コストの削減にも寄与します。

まとめ

ヨガやピラティスのレッスン予約を、もっと便利に、もっとスムーズに行いたいなら、予約魔法の活用がおすすめです。

電話や手作業でメッセージをやり取りする手間を省き、レッスンの予約や管理を簡単に行うことができます。
今日からあなたも、予約魔法を使ったレッスン予約で、より快適なフィットネスライフを始めましょう。

あなたの店舗運営を劇的改善!使うほどに店舗運営が楽になる!

予約魔法

LINEを利用した予約システムの自動化に対応しています。指名の有無にかかわらず、予約型とイベント型の両方に適応します。また、顧客管理機能とポイントカードシステムも備えており、効率的な運営をサポートします。

予約魔法で利用できる機能

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次