【パーソナルトレーニングジム】継続会員を増やす戦略


パーソナルトレーニングジムの経営者にとって、会員の継続率を上げることはビジネスの成功に直結します。
この記事では、会員がジムを利用し続けるための戦略をご紹介します。

目次

会員がジムを退会する主な理由

目標達成後の退会

減量や特定のフィットネス目標を達成した後に、さらなる目標がないと感じてジムを退会します。
目標達成は喜ばしいことですが、これによりモチベーションが低下し、ジムへの通いが減少する原因となります。

コストへの見合わない価値感

パーソナルトレーニングジムは一般的なジムに比べて費用が高額です。
会員がトレーニングの基本を習得した後に、より安価なジムに移る傾向があります。これは、高額な料金に対する直接的な価値や差別化を感じなくなった結果です。

不満足なサービスや結果

トレーナーとの相性が悪い、期待した結果が得られないなど、提供されるサービスに対する不満足が理由で退会することがあります。

会員の継続率を上げる方法

STEP
継続的な目標設定の促進

個別面談を定期的に実施
会員の目標達成をサポートすると同時に、新たな目標を一緒に設定することで、長期的な関係を築きます。目標が進化することで、会員はジムに通う新たな理由を見つけることができます。

STEP
価値提供の強化

教育とサポートの提供
トレーニングの技術だけでなく、栄養学や健康管理に関する教育を提供することで、会員にとってのジムの価値を高めます。
専門家によるワークショップやセミナーを定期的に開催することも効果的です。

STEP
パーソナライズされた体験の提供

カスタマイズされたトレーニングプラン
会員一人ひとりのニーズに合わせたトレーニングプランを提供することで、パーソナルトレーニングの真価を示します。
会員が自分だけの特別なサポートを受けていると感じることで、ジムへの忠誠心を高めることができます。

価格設定の落とし穴と質の維持

低価格設定を集客の魔法の杖と見なしがちですが、この戦略が持つ隠れた落とし穴に気づいていないことが多いのです。
パーソナルトレーニングビジネスにおける価格設定の真の影響と、サービス品質を維持しながら理想的な価格戦略を構築する方法について探求します。

低価格設定の落とし穴

低価格でサービスを提供することは、一見すると会員を増やす良い方法に思えます。
しかし、この戦略はサービスの質を落としてしまう可能性があり、長い目で見るとビジネスに悪影響を及ぼすことがあります。

安くしても、会員が予想以上に少なく、週に1回か2回しか来ない場合が多いのです。

会員の利用頻度と期待

実際には利用頻度は低いことが多いです。この低い利用頻度は、サービスの質を維持する上での大きな課題となります。会員一人ひとりからの収益が少なくなり、サービスの質を維持するのが難しくなってしまいます。

品質を保つことの重要性

サービスの質が下がると、リピーターが減り、新規会員を常に探さなければならなくなります。
このような状況は、従業員のやる気にも影響を及ぼし、結果的にビジネス全体が苦しむことになります。
顧客が満足するサービスを提供することで、より高い価格でも利用してもらえるようになります。

パーソナルトレーニングサービスのニーズは、美容室のような日常的に必要とされるサービスと比べると明らかに限定的です。

そのため、低価格で多くの会員を引きつけて回転率を上げる戦略は、この分野では困難が伴います。

成功の鍵は、高品質なサービスを提供し続けることで顧客の継続利用を促すことにあります。サービス品質の低下は顧客満足度の減少に直結し、結果として会員のリピート率が下がることになります。

特に、給与が低いと従業員のモチベーションは低下し、トレーナーにとって複数のセッションをこなすことは身体的にも厳しいため、このアプローチは持続可能ではありません。

まとめ

継続顧客を増やすことは、パーソナルトレーニングビジネスにとって非常に重要です。

これを実現するためには、自分たちのジムがどういう特徴を持っているかをはっきりさせ、ブランドイメージを確固たるものにすることが必要です。

どんなに小さなジムでも、顧客を大切にする姿勢があれば、良い評判は自然と広がります。

このプロセスの一環として、どのような価格設定が最も適切かを真剣に再検討し、効果的な経営戦略を策定することが求められます。

あなたの店舗運営を劇的改善!使うほどに店舗運営が楽になる!

予約魔法

LINEを利用した予約システムの自動化に対応しています。指名の有無にかかわらず、予約型とイベント型の両方に適応します。また、顧客管理機能とポイントカードシステムも備えており、効率的な運営をサポートします。

予約魔法で利用できる機能

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次